2008年11月30日

お久しぶりです\ (^o^) /



昨夜から福岡入りして、今日の昼間は福岡ドームの隣にあるシーホークホテルにて披露宴でのゲスト演奏でしたヒロッシィーこと津軽三味線奏者・高崎裕士です♪

明日、明後日も福岡でのお仕事なので、そのまま福岡へいるはずでしたが、今朝、玄海さんの奥さまから連絡があり、玄海さんのお父様が亡くなられたと。。

なので、熊本へ帰りお通夜へ。

今、福岡へマサル達を乗せて戻ってます。

そして!27日のパーティーは最高に楽しみました\(^o^)/

来ていただきました皆様、そして後援会の皆様、本当にありがとうございましたm(__)m♪

お陰さまで、約500名のお客様に来ていただきました☆嬉しい限りです。

27日の報告の詳細は、写真と一緒に後日、詳しくブログにて報告しますね(^_-)b
秘密の特訓の成果の報告もありますしねっ☆

最後に。。本サイトが数日間、ストップしてしまい、ご迷惑お掛けしましたことをお詫び致します(^^ゞ
posted by k-js at 23:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
良かった(^_-)-☆
繋がりました!やっぱり、1日に一度は見れないと寂しいです!


玄海さんのお父様亡くなられたんですか、ご冥福をお祈りいたします(T_T)


今日から福岡ですか!頑張ってくださいp(^^)q
私は風邪引いてしまって、数日頭がボッ〜としたまま仕事してました(;^_^A
今日はだいぶんよくなりました(^ ^)vブログが見れたおかげかな(^_-)-☆


風邪引かないように、あたたかくして休んで下さい!
Posted by とみい at 2008年12月01日 00:09
連日のスケジュールお疲れ様です。そのパワーの源は何なんでしょうね。
きっと、充電の仕方が上手なんですね。
いよいよ明後日2日になりました。北九州でもパワー全開でお願いしますm(_ _)m
ファンをいっぱい作って下さいね。
充電の手助け?になるお土産もっていきます(^_^)「  喜んでもらえるかな?
最後になりましたが、玄海さんのお父様のご冥福をお祈りいたします。
Posted by ちゃんこさん at 2008年12月01日 02:41
玄海さんのお父様の通夜を一人でしました、慎んで御冥福をお祈り申し上げます。話は変わりますが27日はお疲れさまでした、篠笛も素晴らしかったですよ中身の詰まったパーティーでした、ただ1つ残念だったのは時間が短かった事でもそれは、それほど良かったと言う事でしょうね、ありがとうございました。
Posted by 和服の女 at 2008年12月01日 06:54
ひとまずホッとしました☆ブログが無いとぽっかり穴が空いちゃいました(T_T)

27日はお疲れ様でした☆大盛況よかったね(^O^)/

それを見届けるように玄海様のお父様が旅立たれたのですね!人の生き死には順番は無いとも聞きますがご自分の親となればなをさら寂しいですねm(__)m
ご冥福をお祈りしております

12月もイベント続き頑張って下さいねぇ☆京都でお会いしましょう♪♪♪♪
Posted by キヨタン at 2008年12月01日 19:35
 お疲れ様です。

 27日、しの笛での登場にはまいりました!
私の中では牛若丸が京都五条の大橋で弁慶を前に心静かにしの笛を奏でる・・・その場面が重なりあっていました。

 音がまともに出せるようになるまで3ヶ月はかかると聞いたこともあります。。。
ほんとにヒロッシィ〜さん、君はス…スゴイッ!

 会場で、お隣りのチャーミングなご婦人に「津軽三味線を習いませんか?」とナンパされ(笑)、あまりに素敵なご婦人だったので思わず二つ返事しそーになりました。しかも、五条大橋に流れるしの笛を想像したその後に、そのご婦人が以前京都におられたとうかがい、こんなちぃっちゃ〜な偶然さえも意味ありげに思えるあの時間はなんとも素敵でした。

 人に囲まれているヒロッシィ〜さんにご挨拶もできず、写真も遠慮していたらそのご婦人が私の手をとって走ってヒロッシィ〜さんを探して下さり、そのうちご一緒だったナイスガイな男性の方もヒロッシィ〜さんを探して下さいましたが、すでにサイン会の準備に入っていたので、お父様のところに連れていって下さいました。

 「人との出会い…」と裕士はいつも言っています、とおっしゃりながら会場に集う方々に目を配るお父様を拝見してると、本当に周りの方々に感謝なさっておられるんだな〜って、私までなんだかほっこり…するような雰囲気でしたよ。

 晴れ男のヒロッシィ〜さんのようですが、あの日は雨が降り続けました。

 数日後に旅立たれる玄海さんのお父様を思い、天の”涙雨”だったのかもしれませんね。

 私が住む街に帰りつく頃も、雨はまだ降り続いていました。しかし、雨はビルや街中のたまったほこりを洗い流してくれます。
 あの日のクリスマスイリュージョンや街灯は、ほこりをぬぐい去り、ひときわキラキラ輝いていたように想います。

涙の後にはそれを超える輝きがあるのでしょう
Posted by 小夜曲 at 2008年12月01日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40466096

この記事へのトラックバック